壮大な自然を体感!アルゼンチン旅行


3
画像参照:Douglas Scortegagna

アルゼンチンは南米の南端に位置する国で、チリやボリビア、パラグアイに囲まれている立地。アルゼンチンの首都はブエノスアイレスで、言語はスペイン語である。首都のブエノスアイレスなどの大きな都市部や、アルゼンチンの若者には英語が通じるため、旅行程度ならば英語を話せると問題ないだろう。

アルゼンチンのおすすめの観光スポットは、ロス・グラシアレスである。ロス・グラシアレスはサンタクルス州にある国立公園で、ユネスコの世界遺産にも登録されている。南極やグリーンランドに次ぐ、世界第三位の規模である氷河を見ることができる。真っ青で美しい氷河が広がる風景は、とても幻想的である。

ペリト・モレノ氷河も崩れ落ちる氷壁のスケールに圧倒されるので世界中から観光客が訪れる注目スポットだ。
氷河を観光する場合はベストシーズンを事前に調べて行った方が良いだろう。

またバルデス半島もおすすめのスポットだといえる。チェブ州にある半島で、特有の動物たちが生息している。ここではホエールウオッチングもできるため、雄大な自然を満喫したい旅行者にはぴったりの場所となるだろう。

またアルゼンチンは食文化も魅力的である。南米はとにかく肉料理が多いことで有名だが、ここアルゼンチンも例外ではない。アサードというアルゼンチン風焼き肉や、牛カツのようなミラネーサなどが有名である。壮大な自然を体感したあとは現地の料理に舌鼓。アルゼンチンらしい旅行を満喫していただきたい。